耳鳴りが来たので

耳鳴りで難儀している同士の何かしらの役に立てば嬉しく思い、Blogを書いてます。皆、よくなりますように。

高音

ストミン、メチコを飲んでいても変化は無いようで、起きている間はずっと高音耳鳴りと同居している。

ただ、随分と気にならなくなってきたは事実で、日中の1~2割しか不快な思いをしなくなった。きっと脳が「これは注意を向ける必要が無い」と徐々に判断しているものと思われる。

だが元々が脳が作り出した疑似音なので、それを同じ脳が再調整しているのもムダな作業だなと思われるが、きっと「脳省聴覚部補正課疑似音係」と「脳省聴覚部分類課選択係」では部署が違って意思疎通が出来ていないのだろう。

脳も結構な縦割り行政のかもしれない ( ̄ー ̄)ニヤリッ

私の耳鳴りは、おおよそ1000Hz~12000Hzで再生されている(脳の創作物なので存在はしないが)で、いわゆる「キーン!」耳鳴りだ。

年がら年中鳴っていると間違いなく鬱陶しいし、注意力も削がれて、耳も痛いような気がしてきた。有りがちな事で静かな時間(自宅)には、耳鳴りに注意がいってしまい、より大きなキーン!になる。

これを緩和するのにTRTやマスカーとかあるらしいが、金も手間も掛かりそうなので保留。手軽な対策として「モーツァルト」を聴き始めた。

これが意外や意外、随分と楽になる。

なんでもモーツァルトの曲は高音域が多いので、私のような高音耳鳴りと愛称が良く、聴いていると随分と楽になる(曲に注意が向く、というのもあるが)。今は便利な時代で、スマホアプリでモーツァルトの曲集が簡単に無料で手に入る。アプリをインストして数十ある曲をランダムで流しているだけでいい。

手軽で無料で簡単に出来て効果あるので、私と同じ高音耳鳴りの方は試されてみてはどうだろうか

↑このページのトップヘ